The NetBeans: Welcome, New, & Cool

NetBeans6.1や6.5での機能。
とりあえず感想として、NetBeansでWebアプリやらSwingやらを開発しやすくするために加えた機能が、結果としていろいろなアプリケーションを便利にするための機能になってるなと。

iReport

JasperReportとJFreeChartを使ったレポート作成ツールのプラグイン
NetBeansプラグインになったことで、データベース連携がやりやすくなってます。

GSF

Schliemanプロジェクトのことで、NetBeansでの言語編集用ライブラリです。
NetBeans6.0でRuby、6.1でJavaScript、6.5でPHPやGroovy、ほかに作業中としてPythonScalaFortranや、もひとつ見逃したのですが何かに対応するようです。
EmacsVimのような、設定ファイルによるアプローチで言語対応をできるようにするのが特徴
字句解析や構文解析、またパース処理のスケジューリングやナビゲータ対応、言語要素の抽出などを行います。
将来的には、言語のロジック実装やちゃんとしたAPIを作るということ。
そう、いまはまだAPIがちゃんとできてないし、完成してなくて変更も激しいしということらしい。

PHP対応

変数やメソッド、requireの中身、ドキュメンテーションが補完できます。もちろん実行ボタンで実行も。
リファクタリングで変数名やクラス名とコンストラクタなど、Javaと同じようなリファクタリングができます。
デバッグもできるようですが、その説明ははしょられてしまいました。

ALM Integration

コラボレーション系のなにか。よくわかりませんでした。

ごはんとか

いつもどおり、ケーキは甘すぎて食えたものではないようだ。ぼくはもう口もつけていない。甘いものが甘すぎるのがこの国のようだ。


あと、ねんどのような、びよびよ伸びる物体があったので、ねこび〜んを作ろうと思ったのだけど、耳や手足を生やしてたら、どろどろ溶けた風になってしまった。


とりあえず、一緒に写真とっておいた

The NetBeans 6.1 IDE:Faster Than Ever

メシくってて聞き逃した。
NetBeans 6.1では、起動が最大40%速くなったということですが、その舞台裏だったようです。
メモリリークのテストが次のように書けるというのが魅力的。GCでちゃんと回収されるかどうかがテストできます。

DialogWizardPanel1 instance
WeakedREference<Object> ref = new (instance)
instance = null;
NBTestCase.assertGC(ref);

あとは、6.5ではもっと起動を速く、UIのレスポンスやプロジェクトエクスプローラーの動きを速くしたりと、実行性能に注力していくようです。プロジェクトのスキャンや、保存時にバックグラウンドでコンパイルすることでビルド・実行を速くしたり。

The NetBeans 6.1 IDE for the Enterprise

Web+DBアプリケーション対応について

RESTful Webサービス

アノテーションで次のようにかけますよ、と。

@Get
@ProduceMime("image/jped")
public byte[] getJpg(@QueryParam("ratio") r){
	return some;
}

@Put
@ConsumeMime("application/xml")
public void putXml (byte[ content){
}


で、最近Webとか興味がなかったので、まあRESTful Webサービスがなんぼのもんじゃい、とか思ってたのですが、デモでドラッグ&ドロップでTwitterにアクセスするコード書いてて考えが変わりました。
TwitterAPIはRESTful

NetBeansでメジャーなRESTful APIが登録されてる

Twitter操作がらくらく
これは素敵
@javaflowerownerあてにダイレクトメッセージを送ったりしてました。

ここでジョナサンシュワルツ登場

なに言ったか覚えてないけど、会場が会場だけに、NetBeansすごいだろみたいなことを言ってたんだと思います。というか、そういうことを言ってたことだけはわかるけど、詳細はよくわかってない。

Webサービスのテスト

GUI操作でいろいろできますよ、とデモ

Springサポート

WebフレームワークとしてSpring Web MVC 2.5が含まれてたり、applicationContext.xmlでコード補完ができたり、リファクタリングJavaのクラス名を変更するとapplicationContext.xmlファイルも変更されたり

Hibernateサポート

Hibernate 3.2.5がついてくるらしい。
で、設定ファイルやマッピングファイルの編集や、設定ファイルのビジュアルエディタやら、ctrl+クリックによるリンクやら。
もちろん、リファクタリングでのクラス名の変更も反映されますよ、と。

Axis2 Web Services

なんか流してた。Axis2J2SEアプリケーションやライブラリプロジェクトで使えたり、POJOWSDLからWebサービスを作成できたり、axis2の設定ファイルを自動生成したり変更したり。

JSF CRUD

JPAエンティティからJSFCRUDを作る機能が復活。
1対1、1対多、多対多対応した

Building Ajax Applications

AjaxJavaでどうやるかという話。

JavaScriptサポート

ちょっと遅れて行ったら、ブラウザ上で動いているJavaScriptデバッグNetBeansでやってた。
ブラウザ上ではFireBugが動いてたので、FireBugと連携するんだろうか。
ブレイクポイントをおいたり、変数を見たり、普通にやってた。
これは便利そう。

jMaki

Webフレームワークに含まれるのと、JSP編集でパレットからのドラッグドロップでコンポーネントがおけるというデモ

Woodstock

Visual Web JSFで使ってるJSFコンポーネント
Ajaxサポートのコンポーネントがだいぶ充実してきてる。

RichFaces

RedHat & Exadelが作ってるAJAX用のJSF拡張
- コンポーネントを置いて、でJavaコード呼び出しが書けるのかな。

Wicket

XMLファイルとかHTMLとかほとんど使わずにJavaコードだけでWebアプリができる。
Ajaxのふるまいをコンポーネント化できる。AjaxXxxってクラスでAjax対応コンポーネントが用意されてる。
NetBeans用のプラグインはプラグインポータルでとってこれる。
けど、Wicketは普通のJavaコードでなんでもやる感じなので、プラグインでやってくれることは少ない。というか、普通のJava対応エディタがあれば普通に楽になる気がする。
ってか、Geertjan、明らかにRichFacesのときよりたくさん話してて、どんだけWicket好きなんだこの人はと思った。
デモで打ち込むJavaコードを、普通はエディタに書いておいたりするんだけど、NetBeansのコードテンプレートに入れてて面白いと思った。さすがNetBeansハッカー。けど、普通のデモでやったら、NetBeansがそこまでやってくれるんだと誤解を与えそう。
Wicketについて詳しくはid:t_yanoに聞いてください。

NetBeans IDE Lightning Talks: Cool Stuff & More

最後のセッションではゴスリングが司会みたいな感じでいろんな人がそれぞれのところで開発してる製品の説明をしてました。


で、そういった話を最後まで聞くと、USBメモリNetBeansの使い方の本がもらえました。


結構並んだ