南畑ダムサイド

買い物に行こうと思って車に乗って、ガソリンないので注ぎに行って、スタンド出るときなぜか南畑に向かっていました。車談義でもりあがっちゃいましたからね。
あ、芸工大前のコスモは無人くん(セルフ)になってましたよ。


で、南畑。
結論言えば、「怖かった。でも楽しい。」
ここはしょうけと違って平坦な道です。ダムサイドだからね。しょうけが2速メインなのに対して南畑は3速メインでスピード領域が高いのです。
タイヤがGIIIなのですが、このタイヤがやる気のなさを発揮するスピード領域です。一度音もなく後輪がすべってて、
「おいおいドリフトしとるやないか」
とかなってたりしました。無意識のドリフト。加速中に進みたい方向に車が進む分にはタイヤが滑ってようが食いついてようが大した違いはないので、これが怖かったわけじゃないんですが。車がまっすぐ向いてるかナナメ向いてるかの違いだけなので。


怖かったのは「感覚の違い」です。
車の向きを変えるときに、シルビアなら荷重をかけ損ねたときのような動きを一瞬してから曲がり始めるんです。アンダーが出始める動きを見せつつ曲がってたり、いちいち感覚が違う。
毎回「失敗した」と思いながら期待通り期待以上に曲がるというのが怖かったわけです。


で、なんどか往復してるとハチロク登場。おったくられました。・゜・(つД`)・゜・
Uターンするときに前に行ってもらって、ついていこうと思ったらどんどん離されていきます。パワーでついていくのは可能なんですが、そうすると無理が出てとっちらかってしまうので、すぐに諦めました。
そのあと話かけたら、横に乗せてもらえることに。ヽ(゜∀゜)ノ
ハチロクの動きをしてました。クイッククイック。タイヤもくいついてるし、よく曲がる。段差では飛び跳ねまくり。
車線またぎまくりだったからついていけないのも無理はねぇですな。ということにしておく。
一ヶ所ぼくが減速してる小コーナーで加速してたので、車を信頼できると違うなと思いました。


一往復したあと、クーリングダウンでちょっと遠くまで行ったので、お願いして帰りに運転させてもらうことに。(`・ω・´)
なんの前振りしなくても曲がる曲がる。カクカク曲がります。ハンドル切ったら即曲がる*1。調子にのってたらキンコンなってまた「ハチロクだなぁ」としみじみ。で、スピード出しすぎと怒られました。(´д`)


そのあと、再びうしろからついてきてもらったのですが、一度コーナー立ち上がりで横滑り。後ろのハチロク怖かっただろうなぁ。横にのせてもらったときに気づいた加速できる小コーナーで、試にアクセル踏んでみたらちゃんといけました。さすがにベタ踏みはできませんが。
直線番長パワーで、スピードが乗るところは引き離すことができましたよ。ヽ( ・∀・)ノ

*1:SWTとSwingの違いといえばわかりやすい?