現実逃避で乗馬体験

ヤバイヤバイ
Mustangと戯れてしまった。


まずJavaScript
とりあえずRhinoとの違いは、Javaオブジェクトをそのままputできたり、evalの戻り値がそのままJavaオブジェクトとして使えることか。
javaToJSとかjsToJavaが不要。
ただ、funcionオブジェクトを返したときに対応する公開されたFunctionクラスがないようなので、Rhinoでやってるようにfunctionを返してcallするということができない。
そのうちInvocableインタフェースが実装されるのかな。
JavaScript内での動きはRhinoそのまま。


BOLDのフォントがきれい。
NetBeansのプロジェクトオプションでソースレベルに1.6が選べるようになってた。
NetBeansを表にもってきたときに灰色くならない。


NetBeans動かすのにはJava6使うのがいい気がする。
作ったプログラムを動かすのは対象VMで。