NetBeans6RC2のtryで囲む

NetBeans5.5のときは次のようなコードで

int a = Integer.parseInt("5");
System.out.println(a);

int a=・・・の行を選択して右クリックメニューから「tryとcatchで囲む」とすると

int a;
try {
    a = Integer.parseInt("5");
} catch (NumberFormatException ex) {
    ex.printStackTrace();
}
System.out.println(a);      

のように、スコープ外で使われる変数を外だししてくれてたのですが、NetBeans6では

try {
    int a = Integer.parseInt("5");

} catch (NumberFormatException numberFormatException) {
}
System.out.println(a);

となってしまいます。