Java 13のDynamic CDSで想像以上に起動速度が速くなった

Java 13で、読み込み済みのクラスデータを終了時に保存するDynamic CDSが導入されました。 https://openjdk.java.net/jeps/350 で、試してみたら結構起動速度が変わっていました。 Micronautで試してみます。 追記: Java 10でApplication Class-Data Sharing…

Windows Subsystem for Linux を使って OpenJDK をビルド

WSLを使ってWindowsでOpenJDKをビルドする手順を説明した ちひろさんのブログがGoogleにひっかからないのが不便すぎるので、エイリアスを作ってみた。 Windows Subsystem for Linux を使って OpenJDK をビルド - #chiroito ’s blog

Vector APIを試す

Vector APIはSIMD命令をJavaから利用するためのAPIです。 Project Panamaの一部ということになっていますが、最近はなんかPanamaとは別扱いになってる気がします。 Vector APIはJEPがすでに作成されていて、感触としてはJDK 14に入りそうな勢い。 JEP 338: V…

Vector APIを理解するためにSIMD命令をCで試す

JavaのVector APIはSIMD命令を呼び出すためのAPIです。 ということで、実際にSIMD命令を知っておいたほうが理解が深まる気がします。 ただ、直接SIMD命令を試すのはめんどいので、C++から呼びだしてみます。 Cの文法とかだいぶ忘れてるというか知らないもの…

OpenJDK Committer's Workshop 2019 - Day 2(JVMLS Day 5)

CommitterではないけどOpenJDK Committer's Workshop(OCW)に参加しています。 OpenJDK Committers’ Workshop 初日はこちら。 OpenJDK Committer's Workshop 2019 - Day 1(JVMLS Day 4) - きしだのHatena Unconference 今日もアンカンファレンス形式で行いま…

OpenJDK Committer's Workshop 2019 - Day 1(JVMLS Day 4)

JVM Language Summitが終わると、引き続いてOpenJDK Committer's Workshop(OCW)が開かれるので、コミッターではないけど参加してみました。 OpenJDK Committers’ Workshop JVMLSはこちら。 JVM Language Summit 2019(JVMLS) day 1 - きしだのHatena JVM Lang…

JVM Language Summit 2019(JVMLS) day 3

JVMLSに来ています。3日目。 JVM Language Summit — July 29–31, 2019 2日目まではこちら。 JVM Language Summit 2019(JVMLS) day 1 - きしだのHatena JVM Language Summit 2019(JVMLS) day 2 - きしだのHatena 今日は3つのセッションとLTです。 終わったあ…

JVM Language Summit 2019(JVMLS) day 2

JVMLSに来ています。2日目。 JVM Language Summit — July 29–31, 2019 初日はこちら JVM Language Summit 2019(JVMLS) day 1 - きしだのHatena 今日はほぼ1日を通してコンパイラの話でした。 ちなみに、普通はJavaの文脈でコンパイラというとJavaソースコー…

JVM Language Summit 2019(JVMLS) day 1

JVMLSに来ています。 JVM Language Summit — July 29–31, 2019 JVMLSはJava VM Language Summitの略で、JVMで動く言語に関するイベントだったのですけど、JVM言語の話はJavaも含めて減っていて、JVMの話がメインになっています。 場所はサンタクララのOracle…

Java最新フレームワーク、Helidon、Micronaut、Quarkusをnative-imageまでまとめて試す

最近でてきたフレームワーク、Helidon、Micronaut、QuarkusをそれぞれクイックスタートからNative-Imageまでまとめて試します。

Javaスクリプト入門

みんなでJavaスクリプトに入門しましょう! クラスをちゃんと定義する それでは、まずはJavaっぽく書いてみましょう。 public class Main { public static void main(String[] args) { System.out.println("Hello!"); } } これを、任意のファイル名で保存し…

GraalVMはどれだけ遅いか

GraalVM流行ってますね。 そして、多くの人はGraalをAOTとして使うnative-imageのことだけをGraalVMと言ってたりします。 ご安心を。このエントリではGraalをJITとして使うHotSpotモードとGraalをAOTとして使うnative-imageの両方が遅いという話です。 Graal…

NetBeansからHelidonを使う

Helidonです、Helidon。 プロジェクトの作成 HelidonはMavenプロジェクト的には素直なので、Mavenはバンドルの3.3.9で大丈夫です。 プロジェクト作成もNetBeansからできます。 新規作成でjava with MavenからProject from Archetypeを選びます。 Archetypeの…

NetBeansからQuarkusを使う

Quarkusです、Quarkus。 Mavenのアップデート QuarkusのビルドにはMaven 3.5.3が必要ですが、NetBeans11にバンドルされているMavenは3.3.9なので、そのままではビルドなどができません。 ということで、Mavenの最新版をダウンロードしてどこかに解凍します。…

Windows(Cygwin)でSDKMANがうまく動かないのはcurlのせい

WindowsでCygwin使ってSDKMANを動かしてみたのですが、うまく動きませんでした。 なんかファイルをダウンロードしてるのに、ファイルがみつからないと言ってます。というか、curlがなんか文句いってますね。 $ sdk install micronaut Downloading: micronaut…

switch式の値付きbreakはyieldになる?

前のエントリではswitch式で値を返すのはbreak-withになると書いてましたが、yieldにしようぜーという議論が勃発しています。 switch式の値付きbreakはbreak-withになることがほぼ確定(追記あり) - きしだのHatena というか、JEPはすでにyieldになっています…

switch式の値付きbreakはbreak-withになることがほぼ確定(追記ありyieldになりました)

Java12でプレビューとしてswitch式が入って、Java13で正式化できるよう作業が進んでいます。 そんな中、switch式を正式化するJEPのドラフトが出ていました。 JEP draft: Switch Expressions 追記 あっというまにドラフトではなくなっています JEP 354: Switc…

QuarkusのHibernate ORM with Panacheでid不要ならPanacheEntityBaseを使う

Quarkusを試していて、Hibernate ORM with Panacheを使ってみると、ちょっとハマった。

jpackageでJavaアプリのインストーラーを作る

Javaアプリケーションのインストールパッケージを作れるjpackageが、どうもJDK13に入りそうな勢いでEarly Accessが出てたので試してみます。 jpackageは、JavaFXにあったjpackagerをベースにしたパッケージングツールです。 JEP 343: Packaging Tool EAはこ…

MicronautのメトリクスとPrometheus

MicronautでPrometheusでメトリクス取りたい話 Micronautはmicrometer経由でprometheusに対応してるので、create-appするとき--featuresにmicrometer-prometheusつけるとそれっぽいdependencyや設定を生成してくれます。 $ mn create-app foo --features mic…

PostgreSQLのリアクティブアクセスをネイティブ化できなかった

とりあえずメモ的に。 R2DBCとmicronaut+reactive-pg-clientの2通りでnative-imageを試したけど、nettyまわりでだめだったという話 R2DBC リアクティブデータアクセスとしては本命? R2DBC R2DBCはセントラルリポジトリにないので、springのリポジトリを使い…

PostgreSQLへのJDBCアクセスをネイティブ化する

PostgreSQLへのJDBCアクセスがあるコードをGraalVMでネイティブイメージ化するとき、org.postgresql.core.v3.ConnectionFactoryImplの対応が必要だったのでメモ たとえばこんな感じでPostgreSQLにアクセスします。 public class Main { public static void m…

Windows UpdateでSteinberg系がダメになった

表題のとおりなんだけど、またWindows UpdateでVST関係がダメになった。 今回は次の2点 Cubaseのライセンスが壊れた Cantabileが起動できなくなった(起動中になにかインストールを始めて進まなかった) Cubaseのライセンスについては、eLicenserの新しいのを…

Scalaをネイティブコンパイルする

以前、Kotlinをネイティブコンパイルするという話を書いたので、今回はScalaをネイティブコンパイルしてみます。 Kotlinをネイティブコンパイルする - きしだのはてな 今回はGraalVMのnative-imageでのネイティブ化とScala Nativeでのネイティブ化を比較して…

ところでJavaのRaw Sring Literalsはどうなってるの?

Java12に入るとされたRaw String Literalsですが、結局は仕様から落とされました。 理由としては、貴重なクオート文字であるバッククオートをそんな簡単に使っていいの?というのが主題でした。 Raw Stringの議論では、インデントの扱いをどうするかが主で、…

Truffle言語で関数呼び出しを実装する

Truffleを使って言語を実装してみたのだけど、やはり関数呼び出しもやりたい。 Truffleでの言語実装を最小手数ではじめる - きしだのはてな 簡易Truffle言語に変数を実装する - きしだのはてな とりあえず関数 今回、関数は埋め込みで呼び出しだけ行ってみま…

Truffle言語をGraalVMで動かす

Truffleを使って実装した言語をGraalVMで動かす方法、なかなか難しい。 まとめると、言語実装のクラスパスはtruffle.class.path.appendで追加して、言語利用側は普通のクラスパス、ということでした。 ということで、言語実装をlangに、起動プログラムをlaun…

簡易Truffle言語に変数を実装する

Truffleで足し算してみたけど、やっぱちょっと変数を実装しておきたい。 Truffleでの言語実装を最小手数ではじめる - きしだのはてな ということで、変数を追加するんだけど、ここでは変数定義はせずに埋め込み変数みたいなものを実装してみます。 変数登録 …

Truffleでの言語実装を最小手数ではじめる

あけましておめでとうございます。 ということで、Truffleで言語実装したい気分なので、まずはJyukutyoの数式処理から始めることにしました。 オレオレJVM言語を作ろう! How to create a new JVM language #Graal #Truffle - Fight the Future けど、APIが…

フルスタックJVMマイクロサービスフレームワークMicronautをネイティブコンパイルする

MicronautはJVMで動くフルスタックのマイクロサービスフレームワークです。 GroovyでRailsっぽいことをするフレームワークGrailsを作ったチームが開発しています。 仕組み的な特徴としては、DIをコンパイル時に解決するというところですね。 Micronaut Frame…